ブログ

メイン | 一覧

[映画] 歩いても歩いても

是枝裕和監督
『歩いても歩いても』を見る。

家族が夏の一日を過ごすだけのストーリーだけれど
その中に是枝監督の丁寧な視線がちゃんと織り込まれている。

たまたま自分が家族、親族について考えている事もあって
色々と感じて余計に面白く感じる。

阿部寛演じる良多が実家に連れて行く子連れの結婚相手ゆかり。
これを演じる夏川結衣がなかなか素敵。
お母さん役の樹木希林も文句なくいい。
映画を見るたびに女優さんに惹かれてしまう自分なのでした。


見た後にふと気付いたのは
夏川結衣演じるゆかりの気持ちに自分が共感していたってこと。

この映画のキャラクターの中で阿部寛演ずる良多が
自分に一番近いのでそこにシンクロするのはもちろんだけれど
どういうわけか自分とは全然違う状況のキャラクターに
部分的にではあれシンクロした事が気になる。

その事は一口には説明できなそうなので
おいおい考えていこうかと…。

で、シンクロについても考えているのだけれど
映画とかマンガとかのキャラクターにシンクロするのって
どういう時なんだろう、と。

ひとつ確かなのは
いい映画、いいマンガ、いい芝居、(いいフィクション)では
キャラクターの年齢とか性別とか状況とかと関係なく
リアルに感じる事ができるってこと。

僕が立てた仮説の一つは
「時間が割れているかどうか」がその分かれ目じゃないかと。
キャラクターの状況ではなくてキャラクターの中に流れる時間を
きちんと描けているかどうか。それが問題。

「時間を割る」というのは内田樹さんの言葉だけれど。
アニメで言うとコマ数が多いかどうか。
物理的には同じ時間でも人の得ている情報とか
操作する身体の文節が多いほど豊かになる。

キャラクターの身体や気持ちを描くのに
24コマ/1秒で描くのと12コマ/1秒で描くのとでは
明らかに違いがでてくる。
もちろんコマ数が多いからいいわけではなくて
描くキャラクターが12個の情報では描けない、
24個の別の絵を並べないと表現できない、
という状態まで想像できる事がいいフィクションを生む気がする。

でも
シンクロする事がそれと関係している根拠はないので
今のところ何とも言えないのだけれど
どこかで関係しているという根拠のない直感はある。

すごく夢中になって読めるのにストーリーはなかなか進まない
そんなマンガがたまにあるの。
ぼくはそれを時間が割れているせいだと勝手に解釈していて
井上雄彦のマンガはその傾向が強い気がする。

長くなってきたな…。

もうひとつ。
キャラクタ−にシンクロするという事について
一人で「少女マンガ」月間をもうけてます。
オススメの少女マンガがあれば教えて下さい。
ちなみにいま読んでみたいのはハチクロとノダメ。

では続きはまた。

| コメント(2) | トラックバック(0) |

当事者という本物


年々かぶりの海に。
BBQなんかもして夏満喫。
地元の人が色々と教えてくれて自分たちだけでは
できないような遊び方もできて楽しい限りでした。

でも海で遊んで感じたのは
自分は海の遊び方を知らないなーってこと。

海の泳ぎ方も潜り方も知らないし
サザエの焼き方も取り出し方も知らないし
ジェットスキー(っていうのかな?)も初めて乗ったし。

でもまあ、それはそれでいいんです。
「海の男、カッコイイ」とは思っても
「海の男になりたい」とは思わないわけで。

南の方の島に行って憧れて移住して
みたいなやり方にはどうも違和感が拭えないわけで。

東京に育ったってだけで妙に海とか山とか田舎とかに憧れるよな
「都会っ子」にはなりたくないなーと。

数年前に屋久島に行ったんです。で、
地元では仕事がなくて大変なんだけど無邪気にいいところだと言われることとか
移住してきた人が観光のおいしい部分だけをもっていってしまうこととか
本土の資本で建てたリゾートホテルのせいで港町が寂れていくこととか。
何だか気持ちが割り切れない。

沖縄の離島に行っていた友人が言ってました。
離島では総合病院なんてないし天候が崩れれば
交通手段も途絶えるから、みんなある程度は覚悟しているんだと。

そういう部分を含めて当事者として感じて受け入れていかないと
観光の延長で捉えていてはどこか大事な部分で間違ってしまう。

「本物」だってことは「当事者」だってこと。

海に育ったら海の遊び方を知っているのは当たり前で
遊び方を知っているからカッコイイんじゃない。
ネガティブな部分も含めて自分のこととして受け止めるからこそカッコイイ。

やらざるを得ない、やるべきだと感じるかどうかが
本物かどうかの基準だと思うのです。
東京のネガティブな部分に自分はどれだけ責任と当事者感を感じているんだろう。



ってなんかこれ
前に書いた仕事考と話が似てきたな…。


まあ、そんなわけで
ほんの少し日焼けして東京に帰ってきたのでした。

| コメント(1) | トラックバック(0) |

動物愛護という記号化

ハブとマングースを戦わせるショウ。
沖縄で見られるやつです。

あれって、もう見らんないらしいです。
動物愛護が理由で。

なんだかなぁ。


なんか…
動物愛護って好きじゃないなぁ。
信用ならない。

結構昔から嫌いなんですね。
動物愛護団体とか。
捕鯨に反対する人とか。


何で嫌いなのかなーって考えてはいたけど答は分らず。
違和感都いうかたちで自分の中に積もっていて。
ようやく少しヒントを見つけたので
メモだけでも残そうかと。


動物って人間の社会の外側にあるものだってこと。
決して人間が理解したり操作したり管理したり
するべきじゃない対象だってことです。

動物を擬人化したり保護の対象としてみた利することが
つまり都合のいいように記号化してる気がする。
人間の社会の中でしか位置づけができていない。

人間の社会の価値以外にも尺度があるということ
それだけは忘れないでいた方がいい、と思う。
自分が動物愛護団体を嫌いな理由は
彼等がその尺度に気付いていないように見えるからなのです。


以上
続きはまた今度

| コメント(0) | トラックバック(0) |

想像の時間

先日、親戚が集まって祖母の米寿のお祝。
大人15人、子供4人の大所帯。
料理も美味しいし、懐かしい写真をまわしたり。
こうやって歳をとれたらいいなぁと思ったわけです。

そして親戚の子供達を見ていたら
いつか自分もその場所にいたんだ、とふと気付いたのです。
そして祖母を見て
いつか自分もこうやって歳をとっていくんだ、と。

いつも親戚が集まった時に人生の縮図を見る様な気持ちになる。

思うのは
親族というのはある部分では人生の疑似体験という
役割を持っているんじゃないだろうか、ということ。
年長者を見ていまだ生きた事のない時間を体験し
年少者を見て忘れていた時間を追体験する。
子供から年寄りまで一通りの疑似体験をすることで
自分が限定的な時間に生きている事を感じる。

宇宙の原理に触れながらも人間の社会であるような場。
そんな場を形成する事が親族の重要な機能の一つであるような気がした。



いい休日であった。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

なさけはひとの

気付いたら一週間ぶりの更新。
暇そうに見えて案外忙しい自分です。

こないだは終電近くで帰ったら
酔った青年にゲ○かけられちゃったり、
なかなか大変な一週間でした。

その青年に腹を立てつつもちゃんと帰れたか心配したり
でもやっぱり腹がたったり…。


そんなこともあってか
「情けは人のためならず」について考えた一週間でした。
(あんまり関係ないけど)

この言葉
「優しくしすぎると相手が成長しない」という意味に誤解されがちで
「優しくすると巡り巡って自分に返ってくる」というのが正解。
と言われているんだけど。

何か違う!と思ったわけです。
いや、違わないけどニュアンスが違う。

僕が感じるのは
情けは人のためならず、は 巡り巡って返ってくるからではない。
もっとダイレクトに自分のパフォーマンスをあげるため。なのです

人間は常に万全の状態ではいられない。
体や心が不調な時もあるし社会的に弱い立場に立たされる時もある。
失敗だってするし、飲み過ぎることもある。
子どもの時期もあるし、歳をとって足腰たたなくもなる。
そうやってどうにも立ち行かなくなった時に
自分を助けてくれるのは「弱っている人を助ける」
という当たり前の感覚を持った人達でしかないのです。

弱い者を助けることが「常識」である方がずっと住みやすい世の中になるし
住みやすい世の中の方が自分のパフォーマンスが上がる。
仕事で失敗したら責められて減給されて終いには解雇されちゃう世の中より
肩をたたかれて「次は失敗するなよ」って言われる世の中の方が
ロングスパンで見たら失敗の確率は減るんじゃないかと思うわけです。

つまり人に情けをかけるのは
助けるとか許すという態度を世の中のデフォルトに設定するため、
その「常識」に対して同意を形成するためです。
その方が結果的に自分のパフォーマンスが上がるから。


というわけで僕が酔って電車で吐いても
殴りとばしてクリーニング代をむしり取っていかないで下さいね。
結果的にあなたのパフォーマンスを落とす事になりますので。

| コメント(2) | トラックバック(0) |

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38