ブログ

メイン | 一覧

少しずつ広がって

僕の関わっているプロジェクト「かみの工作所」。
その製品の取扱い店が少しずつ増えています。

たとえばミュージアムショップ

金沢21世紀美術館 ←不思議で素敵なロゴマークは佐藤卓さんのデザイン。
          由来を知ればなるほど納得。
豊田市美術館 ←世界一の自動車メーカー トヨタのおひざもと。
        愛知県は豊田市の美術館。

ほかにも

つくし文具店 ←工作所はここから始まった。
GENOMU ←サイトだけでもいい雰囲気が伝わってくる。

遠方のお店も多いけれどお近くにお越しの際はぜひ。
詳しくはかみの工作所のサイトで。




そして

ご近所、原宿のAssistOnでも取扱いが始まりました。
そう。こちらは2008年2月「かみの工作展」の会場だったお店。
今だと入ってすぐにかみの工作所の製品全部が並んでます。
ぼくの白黒動物もあるはずですので、こちらもぜひどうぞ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

仮復活

引越しを目前にPCの修理が済んで返ってきました。

PCの修理ってお金も時間も手間もかかる。
コールセンターの電話番号すらネットで調べないといけなかったりする。
便利なようで不便な世の中。



まあ、こうしてPCが使えるのはありがたいけれど
引っ越してしまうと今度は回線が使えない。
回線の手続きが済むまでまた休止となりそうです。

週末の引越しまでにもう一度くらい更新できるかなぁ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

しばらく

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


と、ご挨拶もそこそこに。お知らせです。



以前にも書いたPC不調の症状がだいぶ進行してきたため
ついに修理に出すことにしました。


そんなわけで
しばらくブログもお休みです。


2〜3週間後にまた会いましょう。
PCがなおっていればの話ですが…。



そしてもうひとつ。

引っ越します。
詳しくはまたお知らせするので
ぜひ遊びにきてください。


ではでは

| コメント(0) | トラックバック(0) |

それがまだ美術やデザインでなかったころ

ひょんな事から小学校時代の図工の先生の展示を見に行くことに。
実家近くの単線を終点で降りて駅前のカフェへ。

18年ぶりに会った巨躯の彫刻家は歳をとって角がとれていたものの
真面目な印象やよく通る大きな声は当時のまま。

コーヒーをいただきながら
当時の話をしたり自分が今作っている作品を見せたり。
18年前はもちろん、数日前まで想像もしていなかった再会が
なんだかとても不思議で心地よく感じられる。


振り返ってみると図工で作ったモノって結構覚えている。
土鈴、景色の版画、宝物をテーマにした卒業制作。
しかもこうやって書いているうちにもどんどん思い出す。
立体凧、野菜の断面の色彩構成、友達をモチーフに塑像。
作品の他にも彫刻刀の持ち方、粘土の接着の仕方、
象の目を想像で描いたりした小さな記憶までよみがえってくる。


宝物をテーマにした卒業制作では
自分の手と脚を彫ったような。。
いやいや、その頃から身体性の大切さに気付いていたとは…。


思えばずいぶん好きだったんだな。
図工の時間が。
国語とか算数とか全然おぼえてないもんなぁ。

その図工の時間の楽しさは今の自分が作品を作るときの楽しさと
やはりどこかで同じだし原体験的な位置を占めているのだと思う。
図工の時間がそんなに好きでもなかったら
18年ぶりの先生にも会いに来なかったかもしれない。


今は山奥に住んでいるそうで
「今度ぜひ遊びに」と誘ってくれたことも嬉しくて。

別れ際にした握手の力強さと暖かさもまた
忘れ得ぬものになりそうな、そんな気がする。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

工作所の精神性



コンピューターの調子が悪くて
起動から約30分でフリーズするという
おかしな症状にみまわれています。

そんなわけで
メールのチェックも調べものもブログの更新もせかせかと。
30分で自動的にPCが使えなくなるので
今までみたいにPCの前で1時間も2時間もだらだらできない。
でも時間が決められてるのも悪くない。

ゲームは1日30分まで。みたいな…。
そんな気分。


先日、僕の参加しているプロジェクト
「かみの工作所の」の忘年会に。
かみの工作所のコンセプチュアルな部分についての話が
なかなか面白かったのでここに。

紙を使った製品をデザインして作って売っていくことで
プロジェクトは何を目指していくのか。
これについてはっきりとした答はないけれど
「精神性」が大事になるのでは、というのが一つのポイント。

自分の解釈では
精神性は一つの宗教性なんじゃないかと。
じゃあ宗教性は何かというと
人間の及ばない何かと交信すること。
実体のないもの、存在していない存在との関係を作ること。
ある時は死者であり、神であり、自然であるような。

そういうモノたちとの関係を紙を通じて作っていく。
それが、かみの工作所の精神性なんじゃないかと思ったわけです。

で、どうやって?
と聞かれればまだ答えは見えないのだけれど。
なかなか難しく面白い問いです。



そろそろリミットの時間が近づいているのでこの辺で。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38