ブログ

メイン | 一覧

通勤電車より眠気をこめて

最近は「表現」という言葉がきになる。表現なんていうと大袈裟に聞こえるけれど。それでもやっぱり自分がモノを作ったり個展をしたりするのは表現活動なんだろうと思う。

何か言いたい事があってそれを表現するのではなくて、自分が何を言いたいのかを知りたくてするのが表現である。と、そんな風に感じる。

表現活動は個人的なものであって、表現の本質的な価値は表現した本人以外には受け取り様がない。周りの人が受け取ることができるのは二次的なものである。
誰かのために表現するということはあまりない。

とそんな事をふと電車の中で思い付いたので書いてみる。

そんな事ができるのは携帯をiPhoneに変えたから…。
まさか自分がiPhoneを持つとは。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

ボサノヴァ的日曜日

個展が終わってからこっち
本業があまりに忙しく個展を総括する間もなく
次の作業にも取りかかりたいのにその時間さえとれない。
困ったもんだ。

ここ数ヶ月の間、
「暇な時間」に出会った記憶がない。
幸せなのか不幸せなのか。

12月の雨の日曜日に遅めの朝食を済ませて
畳の部屋でボサノヴァ聞きながらお茶して、
こたつから出られずに「今日はなんも予定ないねー」
「でもいっかぁー、家にいれば」なんて相方と言い合う…
という休日の妄想も遥か彼方に。

ちなみに
「〜しているのが理想の自分」というお題で思いついたのが
この「畳でボサノヴァ的日曜日」。

いつか、いろんな人にインタビューしてWEBで公開しようと
密かな計画を温めているのだけれど、
その時に是非したい質問のひとつがこの
「〜しているのが理想の自分」というもの。

他にも
「あなたの仕事(=すべき事)は何か?」
「後悔している事はあるか?」
「印象に残っている 食 の場面は?」
などなどいろんな質問が後ろに控えている。


いつか僕にインタビューされたい人は
ぜひ答を考えておいて下さいな。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

いったらただの

8(月)の18時に搬出を終えて初めての個展を無事終了。
芳名帳にいただいた名前を数えたら100人超。
6日間で割ったら大した数ではないけれど
いろんな事を考えて感じて得た気がする。
(そして同時に少しの何かを失ってもいるけれど)

一番に感じたのは感謝。
たくさんの知り合い(と少しの通りすがりの人)が
自分の作った物を見に足を運んでくれる。
まさに自分のためにわざわざ来てくれる。

そういえば個展の準備で芳名帳を買いに行ったら
「ブライダルコーナーにあります」って言われて納得したっけ。
もちろん「個展コーナー」なんてないわけで。
世の中では個展よりは結婚式の方が圧倒的に多い。

誰かが自分のために時間を使ってくれる
その点では個展と結婚式は似ている。
そんな機会って普通は一生にそう何度もないのかもしれない。

どんなに見せたいものがあってもすごいモノをつくっても
もし来てくれる人がいなかったとしたら
個展なんて成り立たないんだと実感する。

「おめでとう」と言われた時に「ありがとう」と
答えはしたものの何だかしっくりこなくて
何がめでたいのか全然分からなかったり。

個展なんて、言ったらただのわがままなのに…とも思う。
表現なんて、本当は独りよがりじゃないか…とも思う。
その引け目にも似た気持が感謝なのかな…とも思う。

来てくれた人には「ありがとう」。
来れなかった人には「お届けできなくてごめんなさい」。
いつかもっと多くの人の手に触れてもらえる様に
これからモノを作り続けようと決意。


自分のわがままを支えてくれる全ての人に感謝。

そう、これを読んでくれているあなたもその一人ですよ。


R0010645.JPG
R0010716.JPG

| コメント(0) | トラックバック(0) |

かたちあるもの

毎晩、帰りが遅いので外食続き。

近所の定食屋で秋刀魚定食とさんざん迷って
結局は煮魚定食を食して帰る。

本日の煮魚はイワシ。
ふっくらとした鰯によく味が染みていて
小骨ごと食べるのがまた何とも言えず美味。

人を幸せにするためにこんなにも太っているのかもしれないと
そんな事を思いながら鰯を眺めていたらふと
「形あるものを食べる」という言葉が降りてくる。

出来るだけ生きていた時の原型を残したモノを食べたいな、と。

例えば「粉モン」は美味しいし
消化吸収も悪くないし大好きだけれど
植物を一度粉にしてから作り直したものなんだな。

生きていた時の形が残っているものは
消化吸収するのに時間と労力が要る。
多分それが本来の食べ物の姿な気がする。

そう簡単には人間に迎合しない骨のある食べ物。
(魚の骨という意味だけでなくてね)
そんな気概を感じながら礼を尽くして食べたいと
そう思わせた秋の終わりの煮魚定食。


そういえば
夏に金沢で食べた茹で鰯。
生姜醤油に油が浮く贅沢さ。
あれも美味しかった。

どうやら自分は鰯が好きらしい。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

モトハタイラナ展

先日、軽く告知した個展の情報を詳しくお知らせ。


********************
EDUこと工藤陽介 の初めての個展。

『モトハタイラナ展』
2010/11/03(水祝)-08(月)
高円寺ギャラリー
12:00~20:00(最終日~15:00)
オープニングレセプション 11/03(水祝) 17:00-19:00

ご存知 紙の構造設計を軸としたEDU作品の中で、
特に思い入れの深い「動物」が今回のモチーフです。

初日のオープニングレセプション以外も
期間中は毎日会場にいる予定なのでご都合のつく時間に
お誘い合わせのうえ遊びに来て頂ければと思います。
お待ちしてます。

ご希望があればDMをお送りしますので住所をご連絡下さい。
info@e-d-u-web.net
********************




ここのところ、仕事は忙しいし個展の準備はあるしで
目の回る忙しさなの中で自分を励ますのに
「終わらない仕事はない」とつぶやいてみた。

けれどそれと同時にいつも頭の片隅にあるのは
「仕事に終わりはない」という言葉。
矛盾するようで両立する二つの命題。

一つの仕事の山を越えると
また目の前に一つの山。

個展が終わったら少しは楽になるかと思っていたら
次から次へとやるべき事が湧いてくる。
動きがあるのはいい事だけれど。
最後に寝坊した日曜はいつだったかな。

まあ、それでも楽しんでいるうちは大丈夫。
いよいよ個展が迫ってきて緊張感もまた楽し。

motowatairanaDM-omote.gif

| コメント(0) | トラックバック(0) |

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38