ブログ

メイン | 一覧

通勤電車より眠気をこめて

最近は「表現」という言葉がきになる。表現なんていうと大袈裟に聞こえるけれど。それでもやっぱり自分がモノを作ったり個展をしたりするのは表現活動なんだろうと思う。

何か言いたい事があってそれを表現するのではなくて、自分が何を言いたいのかを知りたくてするのが表現である。と、そんな風に感じる。

表現活動は個人的なものであって、表現の本質的な価値は表現した本人以外には受け取り様がない。周りの人が受け取ることができるのは二次的なものである。
誰かのために表現するということはあまりない。

とそんな事をふと電車の中で思い付いたので書いてみる。

そんな事ができるのは携帯をiPhoneに変えたから…。
まさか自分がiPhoneを持つとは。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

<< 看護の才能  |  ボサノヴァ的日曜日 >>