ブログ

メイン | 一覧

食べることは生きること

人は生きるために食べるのではなく
食べるために生きるのである、と
以前に書いたことがある。

その時には
「食べること大好き宣言」以上ではなかったこの言葉に
少し違う解釈を思い付いたのでここにメモを。

きっかけは福岡伸一さんの言葉を再読したこと。
***
「生きている」ということは、体の中で合成と分解が絶え間なくグルグル回っているということなんです。その流れこそが「生きている」ということ。その流れを止めないために私たちは食べ物を食べ続けなければいけない。(略)入っていって抜け出ていくという流れしかないわけです。
***

動物は食べることで常に取り入れ続け
代謝することで常に排出し続ける。
人間を構成する分子はおよそ半年で全て入れ替わってしまうという。
分子が入れ替わってしまって物理的には
全くの別物になってしまうのに生命は存在していく。
構成要素は入れ替わって行くにも関わらず
そこに維持されている分子の偏り、分子の淀みのシステム
それが生命なのだという生命観。
そのダイナミズムにあらためて興奮をおぼえる。

外から分子を取り入れなければ生命を維持できない。
というか取り入れ続け、出し続ける「分子の淀みシステム」
そのものが生命であるらしい。

そしてここからは自分の想像だけれど
おそらく「分子の淀みシステム」は
「分子の淀みシステム」を維持するがために
システムを維持し続けるのではないだろうか。
分かりやすく言いえば
生命が存在するたったひとつの目的は生命を維持し続けること
なのではないだろうか。

これは直感だけれどあっている気がする。
ハッキリとは言えないけれど
存在を維持する意外のベクトルは本来の生命にはない。

生命は生きるために生きている。
人は生きるために生きている。

そして人間が食べ続ける事でしか生命を維持できない以上
「人は食べるために生きる」ということもまた
言葉のあやだけではないのである。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

<< 何もしないをしてきた  |  返歌 >>